Kumu Hula Keala Ching について

Kumu Hula - Keala Ching

エグゼクティブディレクター/クムフラ(フラ指導者)
Ka Pa Hula Na Wai Iwi Ola

故ダレル・ルペヌイの指導の下、The Men of Waimapunaの一員として1984年にキングカメハメハ・フラコンペティション、1986年にはメリーモナーク ・フラフェスティバルに出場。

クイーンリリオカラニ青少年センターの文化スペシャリストのマリア・クレイバーよりホオポノポノを学び、Kuhai Halau Kawaikapuokalani Pa olapa Kahikoのクムフラでフラ、ハワイの伝統文化のスペシャリストであるフランク・ヒューイットの指導を受け、1999年よりホオポノポノ、フラ指導者としてのキャリアをスタートさせる。

ハワイ州コナのケアラケヘ在住、ハワイ大学マノア校では文学と初等教育を専攻。フラの伝統文化や仕来り、ハワイ語教育、過去の人々が守り続けてきた物語を現在、そして未来へと伝えていく役割を担うために設立されたWai Iwi Ola(NWIO)基金のエグゼクティブディレクター。NWIOは西ハワイ地区で高齢者から子供までの全ての年代を対象に活動し、子供向けの文化教育プログラムを毎年行っている。

クムフラ、ケアラ・チンはカイルア・コナのKa Pa Hula Na Wai Iwi Ola(NWIO)のフラ指導者であり、カリフォルニア、サニーベイルのHalau Na Wai Ola、日本のNa Wai Pana O Keala (講師:内尾由香里 横浜在住)、Na Wai ‘Ula O Keala(講師:高木眞弓)とスイス、チューリッヒのNa Wai Ohiaの指導者並びにアドバイザーとして活躍している。またハワイの多くの団体のスピリチュアルガイド、顧問、アドバイザーなどとしても活動している。