講師:内尾由香里(Yukari Uchio)について


HULA
- Yukari Uchio

講師:内尾由香里 うちおゆかり (東京都生まれ。横浜在住)

20代のころ私はハワイが大好きで、大好きで一年のうちに何度も繰り返し行ってはただひたすらビーチに寝ころび、車を走らせ風を感じ、光を感じ、波と戯れ、花の香りをかぎ、アンティークショップをのぞいたり、ブラブラしたりしながら脈絡なく過ごしていました。そんななかで町中でやっていたフラも観ていました。

ハワイの何がそんなに好きだったのか・・・。説明するのは難しいですね・・・。空気感かな・・・?光かな・・・?とにかく目には見えないものにひかれていました。ただ単純に好きでした。

その頃はまだ自分がフラに関わるとは夢にも思っていませんでした。ただただそんな生活が10数年は続いていました。その間に何十回とハワイを訪れたか・・・。ハワイは私の第2の故郷のようになっていました。自分がフラに関わる人になるとは知らずにハワイの生活の中で私は普通にフラをみていたのです。

フラはハワイアンのもの。日本人の自分がフラダンサーになるなんてまったく考えてもいませんでした。しかし、フラは自分でも気が付かないうちに私の体と頭の中に少しずつ刻まれていっていたのです。・・・私の体は10数年もの間じっと黙ってハワイとフラを吸収していっていたのでした。その日が来るときのために。

既に日本にはいくつかのフラのお教室もあるようでした。でも、私は一向に日本のフラには興味を示しませんでした。なぜなら・・・フラはハワイアンのダンスだから・・・踊らないし踊れない・・・。単純にそんな思いがずっとありました。

日本のそれとハワイのそれがあまりにも違っていたので日本でフラダンスというものを見てもまったく何も感じてませんでした。

しかし・・・ある時、こんなにハワイアンの音楽が好きならもっと聞いていたいな、どうせなら家の外でも聞きたいな、どうせならユラユラしてみようかな・・・。音楽を聞きたいのが第一の目的でした。

ついに私はその音楽につられてフラを踊ることになったのです。

衝撃でした。私はこのダンスを知っている!体が自然に反応する!あふれてくる感情を抑えきれませんでした。

しかし、当時驚いたことに周りでダンスしていた日本人たちはひとりとして私の知っているフラを踊っている人がいなかったのです。悲しかったです。

それから私はハワイでもっと注意深くフラをみるようになっていきました。

もっと、もっとほんとのフラを!探したい・・・。

私のフラの旅が始まりました・・・。

いつか本当のフラに出会うために・・・。

自分のフラを探す過程で出会った様々なクムフラたちから色々なことを学びました。私にはハワイしかありませんでした。いつか必ず私のフラを助けてくれる人が現れると信じてハワイに行き続けていました・・・。

そんな時に要請があったのです「フラを教えていただけませんか?」と。しかし何度もお断りしました。私はまだ人にフラを伝えられる身ではないと。しかし、何度ものお願いによってついに私も降参しました。私の知っているこのフラでよければどうぞ。という気持ちでハワイのフラを伝えるということをついにスタートしました。

HULA


2000年
フラの指導を開始。

まだまだクムフラ探しは続きます。根気良く探しながらハワイ、日本と行き来を繰り返していました。オアフ島の某ハラウのクムフラに出会い、誘いを受けたので日本からそのハーラウのアドバンスクラスに通っていました。でも、私にはこのクムフラではありませんでした・・・。

2001年
オアフ島在住ロミロミマスターの故アンクル・デレック・アーシンに5年間弟子入り。ハワイアンロミロミを学ぶ。修了後彼が永眠するまで公私に関わりながらハワイの文化を学び続けました。

まだクムフラ探しを諦めたわけではありません。日本やハワイで行われる様々なフライベント、ワークショップに通いいろいろなフラのスタイルを学んでいました。

2004年
アンクル・デレック・アーシンの勧めで彼の従兄弟でフラマスターの故アンクル・ジョージ・ホロカイに師事。アンクルジョージがオアフ島でハワイのクムフラのためにクラス開校。そちらのクムフラクラスに参加。プウアナフルのサニー・チン、アラカイだったロパカ、カムエラのカウイ、カホロクーのレイアロハ、ケアリイ・レイシェルなどなどそれはもう有名どころのクムフラたちが学んでいました。

相変わらず精力的にハワイに通い続けていました。いつか自分の目で自分のためのクムフラを見つけるために・・・。

2006年
アンクルジョージ他界

アンクルの死で諦めかけたフラ。
しかし運命のクムフラは多分このクムだろう・・・。気長にそのクムの様子を見続けずっとこのタイミングを待っていました。

2007年
第2回モクオケアヴェ日本大会アウアナ2位。日本で唯一籍をおいていた某ハラウで出場。私には既に生徒もいるし散々お断りしたのですが「娘が始めたクラスにハワイの風を運んでほしいの。日本の子たちにハワイを感じさせてあげてほしいの!」とのかなり強力な大先生の申し出をお断りできず・・・お役目も3年目のこのコンペを機に辞め、このコンペのジャッジで来日するクムフラに会う!これをコンペへの励みにして練習していました。


その2か月後・・・8月
ハワイ島のクムフラ・ケアラ・チンのもとを訪れ寝食を共にしながら学ぶ昔からのハワイアンスタイルでクムフラトレーニング開始。日本人で第1号の弟子となりました。彼が私に教えたのはカヒコだけでした。初めての本格的なフラカヒコとチャント。しかし、私の体にはすんなりとなじみ、なんの違和感もなく入っていけました。今思うとアウアナがないことになんの抵抗もなくトレーニングしていました。

2008年
クムケアラの指導の下、横浜にハーラウ開校。
Halau Na Wai Pana o Keala 誕生。

2009年
クムケアラの下でクムフラトレーニングの第一段階のオーラパのウニキ修了。’Olapa(上級ダンサー)として認められる。
第1回目ホイケ Pili mau i ka poli in 江ノ島
第2回エホイイマウナフジ主催

2010年
第3回エホイイマウナフジ主催
第71回ピースボート船上フラインストラクターとして世界をクルーズ。地球を半周、1か月半の旅でした。バルセロナから参加してカリブ海、大西洋、パナマ運河を渡り太平洋に出ました。イースター島、タヒチもまわりました。

2011年
第2回ホイケ Ua ao Hawai’i in 新宿
第4回エホイイマウナフジ主催
クムロミ デレック・アーシン10月24日他界

2012年
ハワイNWIO10周年記念ホイケ Ewe o ka hula 参加 ハワイ島5月2日ケアウホウ&5月5日ワイコロア
NWIOチャリティコンサート(熊本、富士山、仙台今秋予定)
第5回エホイイマウナフジ主催(10月予定)*終了しました。

2013年
第8回モクオケアヴェ宮崎(7月6日)ハーラウ設立5周年記念としてエキシビジョンの部にフラカヒコで参加。エキシビジョながらもパフォーマンスには高い評価をいただきました。

2013年10月5日(土)横浜みなとみらい はまぎんヴィアマーレでNWIO-Papa Kumu Ho’Ike [Ha Ola]を開催。クムケアラの日本の弟子9名によるフラカヒコ(古典フラ)のパフォーマンスが楽しめます。チケットのお申し込みはこちらから。*終了しました。

2014年
1月 葉山・森戸海岸にてクムケアラによる新年のHi’uwai セレモニー行いました。

1月 ハワイ島 ケアウホウで開催されたイオラニルアヒネフラフェスティバル、コンペティションに参加。ハワイのハーラウに交じり唯一の日本からのグループにもかかわらずマクアヒネ部門でカヒコ・アウアナ総合2位の好成績を収めることができました。

フラレア ハーラウガイド http://www.hulalea.com/halau/nawaipana/
Facebook https://www.facebook.com/nawaipanaokeala?ref=hl